歯科で使われるマイクロスコープ

歯科医院で行われる治療と言うのは、とても精密な作業が求められます。



口という限られた空間の中での治療で、さらに小さな歯を対象にしているからです。


歯が虫歯になってしまうと、健康な歯に戻ることはありません。虫歯になった部分は全て削り取る必要がありますが、肉眼では虫歯と健康な部分との境目がきちんと把握できません。
そのために、健康な部分を多めに削り、虫歯を取り去っています。


一度削った歯はもとに戻ることはなく、この状態はとてももったいないことです。

特別なAll Aboutの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

そこで、最近マイクロスコープを導入する歯科医院が増えています。


マイクロスコープとは顕微鏡のことです。


肉眼で見るよりもさらに拡大して見ることができるので、虫歯と健康な部分との境目が分かり、虫歯の部分だけ削ることができます。


マイクロスコープの倍率は状態によって変えることができます。
親知らずの抜歯や、歯の中の神経の治療など、幅広い歯科治療に活用することができると注目を集めています。歯石を取る治療などにも、使うことで、より精密な治療ができるようになりました。
マイクロスコープはとても高価な医療機器なので、すべての歯科医院に置いてあるわけではありません。



導入しているところが増えてはいますが、まだまだ珍しいと言えるでしょう。
精密な治療を希望するから、マイクロスコープを使用しているかを確認したいという場合には、電話などで聞いてみるという手段もあります。ホームページなどにも掲載されていることがあります。